ネット恋愛 可愛い女性会う

ネットでの出会い

ツアーコンダクターをしている可愛い彼女と知り合ったのは、彼女が丁度精神的にも肉体的にも病んでいるときでした。
彼女は国内外を飛び回るチョー忙しさで、飛行機搭乗の連打で原因不明の耳鳴りや音が聞こえない状態に陥っているとのこと。

初めてコンタクトを取った時は、彼女が電車の中(仕事が終わって帰宅中)で
精神的に参っていたのと気を紛らわす為にサイトへのアクセスをしたようでした。

彼女の方が投稿していたので、こちらからアクセス。そんなこんなでネットでの出会いが始まりました。

ネット恋愛

私「こんばんは、はじめまして。今メール大丈夫でしょうか?」
10分ほどして
彼女「こんばんは」「今日はメールが多いよ」って。
2回ほどメールを交わした後、
彼女「耳がおかしい。時々聞こえなくなる、どうしよう」って。
その時は意味不明で私も?マークが一杯になり
でも何とか慰めて、勇気を与えてあげなきゃと思い
精一杯のメールを返しました。
彼女「貴方、いい人ね」
そんな会話をしてその日は終わりました。
翌週、こちらから再度メール。
しかし待てど暮らせどメールが返ってきません。
あーダメだったかと思っていたら夜になって彼女から返信。
彼女「ゴメンなさい、バスに乗っていたから。
今、北海道なの」って。また私は?マークで一杯。
その時初めて彼女がツアーコンダクターということを知りました。
そして徐々にネット恋愛を意識しだしたんです。

全ての謎が解け数回のメール交換の後に、何とか次に関西に返って来る日を
聞き出すことができ、思い切ってアプローチ。
彼女「まだよく知らないし、また今度にでも」って、
やんわりお断りのメール。
私は、ここは押すところでは無いと判断して
「了解、じゃあ耳の具合が良くなったらにしようか」と了承のメール。
経験的にこうゆう場合はいい感じなので、時間をおいて
再度アタックをすることにしました。

関西に返って来る前日に、私から再度のメール。
私「こんにちは、耳の具合どう?無理しないでね」と。
暫くして
彼女「かなり良くなったよ。今は富山なの」と、かなり
具合がよさそうでした。

彼女曰く「もうメール来ないと思っていた」と。
そして「帰ったら休みだから、会う?」「会うだけだよ」と
彼女の方から申し出がありました。彼女もネット恋愛を意識しています。
ラッキーです。

ネット恋愛の彼女と会う

ツアーコンダクターの彼女と待ち合わせをしたのは
JRの駅の西改札を出た所。わかりやすい場所で彼女と会う約束。
この駅の出口はシンプルでわかりやすく
双方が安全に確認できる場所で、私はよく使います。
土曜の夕方でしたが、さほど混雑はなく
もし来たら直ぐにわかる状態。

こちらは白のパーカーにジーンズ、彼女は赤のジャケットに
黒のスパッツという目印を伝え合い、紅白だから直ぐわかるよと
お互い安心していました。

約束の時間より少し早めに行って、待つこと約20分
5分ほど遅刻して彼女が到着、直ぐにわかりました。
可愛い女の子です。

「遅れてゴメンなさい」と可愛い彼女。「電車の時間が無いから
仕方ないよ、全然大丈夫。ありがとう」と私。

少し早い時間でしたが、近くの小さな居酒屋で
小腹が空いたのを満たそうということで纏まりました。

早い時間でしたが、ビールで乾杯。
旅の事、資格の事、色々な事を話してくれました。
さすがに話上手です。
お酒が進んでくると、話題は少しエッチな方向に。
バスガイドと運転手の不倫とか
その業界でないとわからない事をスラスラと。
彼女も少し酔っ払っているようです。

可愛い彼女とホテルへ

2時間くらい居たでしょうか。
そろそろいい時間になってきましたので
店を出ようということになり、
二人で少し酔覺しで散歩。

しばらく歩くと目の前にホテルのネオンが見えてきたので
冗談っぽく、「中に入ってみたいな」と私。

彼女「入るだけ?」と意味深な返事。
私「たぶん、そう」と。
その後即、手を繋いでホテルへチェックイン。

垢抜けた洋室で、綺麗なホテルでした。

ソファーに2人座り、隣の彼女の耳に軽く
息を吹きかけると、「キャ」と小さな声。
でも喜んでいるようです。

左手で彼女の頭を引き寄せ軽くキスし、
レギンスの中に手を。

クリを探すのに少し手間取りましたが、
ポイントを見つけることができ、
キスをしながら右手で愛撫。

こうゆうのが好きな女性が多いですが
彼女もそうでした。

右手に滑りを感じていたとき、シャワーをしたいと
彼女が言い出しましたが、指を挿入しクネクネ開始。
言葉にならない声を出しながら、1回イッテしまったようです。

私は生マンに凄く興味があったので、右手を鼻の近くにもって
こようとしましたが、冗談っぽく凄く怒られました・・・

美臭です。我慢ができなくなり、そのままベッドへ。
コンドームを付け、下半身だけ脱いだ格好で1回戦を終了。
彼女は何回でもイケるタイプの子のようです。
1回戦終了のあとも、指でGを攻めると何度でもイキます。

お互い全裸になって本格的に攻めました。
7~8回イったくらいで、こちらも復活しそうになり、
彼女もそれを感じ取ったのか、生でフェラをしてきました。

話上手ならフェラも上手なんですね。

10分ほど丹念なフェラでご奉仕をしてくれ、2回戦開始を考えましたが
2回目はどうしても口でイキたくて、「口でいい?」とお願いしてみました。
彼女は頭を上限に振ると、いままで以上に丹念なまとわりつくようなフェラを
続行、ついに私のほうが負けてしまいました。

あー勿論、ゴックンです。

やっぱりこうゆう業界の人っていいですね。

彼女とはその後も時々会っています。ネット恋愛最高!

以上、PCMAXでのナマナマしい体験談でした。

PCMAXに興味のある方

優良出会い系サイトのPCMAXにはたくさんの女性が待っています。
私がPCMAXについて詳細を調査したページがありますので、是非ご覧ください。

「PCMAX」の詳細を確認してみる

↓参考になったらポチッとお願いします↓

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
(30代の女性)簡単にやれるチョイブス淫乱
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP